トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要
イトヨリダイ   いとよりだい

イトヨリダイは水深40〜100mの砂泥底にすみ、初夏に産卵します。体はやや細長く、背は薄いピンクで、8本の金色の線がとおっている美しい魚です。四国から九州の入荷が多く、市場では高価安定の魚です。

食べ方

ほくほくと脂ののった白身で、関西で好まれる高級魚です。刺身もよいですが、皮の色が美しいことから、椀だねや蒸し物に利用されます。また、ムースなどの西洋料理に使われることも多いです。ホタテガイのすり身とよく合います。

栄養
ビタミンA・リン・ナトリウム・カリウムが豊富です。味も淡白なので甘鯛より軽く、病人に良いです。

キンキ   きちじ・きんき

全体が鮮やかな朱色で、背びれの中央に黒い紋があります。うろこがはがれやすいので、店頭に並ぶころには実際以上に鮮度が悪そうに見えてしまいます。標準和名は「キチジ」ですが一般では「キンキ」と呼ばれています。

食べ方
赤い底もの魚類の中では特に美味で、煮付けの旨さには定評があります。肉は軟らかいですが脂肪が多く、甘みがあります。干物や粕漬けもよいです。小型のものは、高級かまぼこの原料にされます。

栄養
深海魚なので脂が多いのが特徴ですが、この脂の中にコレステロールを低下させるDHAや、血栓を作りにくくするEPAが多く含まれています。赤い皮の色素となるアスタキサンチンにはがんの抑制作用があることも研究されており、皮を残さず食べるほうが栄養を多く摂取できます。

アイナメ   あいなめ

体色は黄褐色、赤紫がかった褐色などと個体差が大きく、暗色の雲状斑や明色の小点といった不規則な模様があります。腹は淡灰色。感情や周りの状況で体色が変わります。産卵期は秋〜冬で、海藻などに付着させます。

食べ方
ピンクがかった白身には淡白な中にも上品な味がのって大変美味しいです。新鮮なものは刺身にします。活魚のあらいは特に美味しいです。塩焼きや煮付け、バター味などもよく合います。

栄養
良質な蛋白でビタミンDもありますので、カルシウムの吸収率をアップさせてくれます。

シラウオ   しらうお・白魚

他の魚類の稚仔魚と似ていますが、脂びれがあるので区別できます。生きているうちは完全に透明で、鮮度が落ちるにつれて、白くなっていきます。※福岡の名産料理として知られる“シロウオ”はシラウオとは全く別の魚です。

食べ方
淡白な中にも旨味のある高級魚です。新鮮なものはそのままな生で食べると美味しいです。また、かき揚げや天ぷら、磯部上げなどでも美味しくいただけます。寿司種にもよく合い、軍艦巻きに乗せて食べたり、酒蒸しにして握って食べたりもします。吸い物や卵とじも美味しいです。

栄養
カルシウムが豊富で、ビタミンAも含まれています。骨粗しょう症の予防になり、歯や骨を強化してくれます。

アラ   あら

体がやや長く口が大きいです。釣りの人の間ではキツネと呼ばれることもあります。スズキに似た魚で江戸時代の文献にも若いアラを「セイゴ(スズキの若魚)と偽り売る」など記されています。沖合釣りの獲物として人気がありますが1m近い大物はまれで40cm程度のものが多い。

食べ方
高級魚として扱われます。肉は淡白な白身で、中〜大型のものは脂肪も多く、かなり美味です。特に冬獲れたものが美味しいです。鍋物によく、九州のアラ鍋は有名です。塩焼きや煮つけ、揚げ物なども旨いです。

栄養
目の周辺はDHAが含まれています。骨や周辺の身はカルシウムがあり、内臓にはビタミンA・D、脂質が含まれます。血合いはタウリンや鉄分を豊富に含みますので上手に調理して摂取すると良いです。

クエ
  くえ

マハタに似ていますが、模様は雲状に流れます。老成魚の模様は不鮮明です。マハタと同じような環境にすみ、産卵季は夏になります。

食べ方
美味な高級魚です。ハタ類の中で最も旨いといわれます。大物釣りの対象としてよく知られています。新鮮なものは刺身でいただきます。煮付けや鍋物、照り焼きも良く合います。

栄養
低カロリーでビタミンが含まれており、ヘルシーな食材です。また、脂質が少ないのでダイエットにも適しています。

ホウボウ   ほうぼう

体は細長く、体表は細かいウロコで覆われています。胸びれが変化した3対の突起を使って、まるでエビや昆虫のように海底を歩きまわります。うきぶくろを使い「グウグウ」といった音を出します。

食べ方
肉質は淡白な白身で、高級魚とされています。大きなものは刺身、小さなものは椀だねに使われます。また揚げ物や焼き物、鍋物も合います。皮にゼラチン質が多いため、煮物にすると美味しい煮こごりができます。

栄養
低カロリーでとてもヘルシーですが味はタイに引けをとらず、ビタミンDがとても豊富です。また、ナイアシンという水溶性のビタミンも豊富に含みます。

ギンポ   ぎんぽ

体は細長く、左右に扁平で頭が小さいです。うろこは表皮に覆われているので、体表はなめらかです。体色は橙色系からオリーブ色までの固体差があり、全体に暗色の虎斑模様が見られます。

食べ方
ほとんどが江戸前の天ぷらだねとして利用されます。すこぶる美味で高級料亭では活魚が使われるといいます。

イイダコ   いいだこ

イイダコは北海道から九州まで獲れます。小型のタコで、眼の付近の腕に丸い紋があります。水深10m程度の砂泥底にすんでおり、貝殻の中などに卵を産みます。甲殻類や貝類を食べます。

食べ方
胴の中の卵巣が米粒のようなので、飯ダコと呼ばれます。イイダコは煮つけがとても美味しいです。また、鍋に入れたりから揚げで食べたりなど様々な食べ方ができます。

栄養
カロリーが低く、ミネラル、ビタミンのバランスも良く低脂肪、低いカロリーのヘルシー食材です。アミノ酸の一種のタウリンも含まれ、糖分の働きを抑制する成分が含まれる上、肝機能の強化や視力回復の効果が見られます。

バカガイ   ばかがい

タ形はハマグリに似るが、殻が薄くてもろいです。殻頂部は平滑ですが、周縁には明瞭な輸層があります。殻は淡褐色で、若い固体や寒冷地のものは、淡色の放射帯があります。身の色は橙色です。

食べ方
湯通しした足をアオヤギと言って、すしだねにします。貝柱は「小柱」と呼ばれ天ぷらでいただくと美味しいです。洗って砂をとった後、刺身やバターで炒めたものも美味しいです。

栄養
たんぱく質が豊富です。また、タウリンや亜鉛等も含まれており、栄養豊富な貝です。

地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331