トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

会社概要

社長挨拶

代表取締役社長 角和久

この度、平成24年10月1日より地方卸売市場中津魚市株式会社の社長に就任いたしました角和久です。当市場の創業は古く、天保14年(1843年)に中根藤右衛門(角藤右衛門)が豊前国小倉藩鵜乃洲船町(現在の福岡県豊前市宇島)で魚問屋「濱屋」を開業したのが始まりです。明治元年(1868年)に大分県中津市小祝に移り幾度の社名変更や会社合併により現在に至ります。

当市場の使命として、中津市と近郊の消費者に対して、常に新鮮な生鮮魚介類の安定供給を通し、市民生活の台所として重要な役割を果たすとともに、健康な家庭づくりの向上に努めています。 当市場最大の特徴は、豊前海とその近郊で獲れる地魚約450種が多く入荷されることです。珍しい地魚が多く、絶滅寸前といわれるアオギスや江戸時代初期から食され中津の名産品でありますハモ、そして豊前海ブランド魚のワタリガニ、カキなど常に安心安全で新鮮な地魚を販売しています。これが一番の強みであります。

平成12年(2000年)より市場を開放し、消費者に豊前海四季の魚介類の美味しさ、さばき方教室、女性従業員による地魚総菜、水産物小売業組合による握り寿司販売など魚食普及、地産地消、地元水産業の活性化を図ることを目的に年間4回「海からのおくりもの市」を開催しています。

また、私自ら中津市内小中学校の食育事業のひとつ豊前海お魚料理教室や生涯学習講座などの講師、豊前海魚介類についての郷土史の出版や情報発信などトップセールスを行っています。これは正に中津の食文化を消費者に届けることであります。今後、多様化する食生活に合った販売努力が必要とされ、時代に相応しい市場づくりに取り組み、常に産地を守り、消費者から存続を求められる魚市場を目指して全社一丸となって邁進していきますので、ご指導、ご愛顧賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

地方卸売市場中津魚市株式会社 代表取締役 角 和久

 

中津魚市株式会社

日豊本線中津駅から旧国道を豊前方面に車で10分行くと、山国川が見えてきます。橋の手前の信号を右に曲がるとすぐです。
  中津魚市の広域地図

中津魚市の周辺地図
 
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331